day・day ささやく 2024年 1月

Pocket

暮らしの日々から

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

* 1月 1日
乗りかかった船。

生きていると、
生きる道を選択しなければならない時が多くある。
選択する基準に、人はいつも悩まされる。
ああでもない、こうでもない・・・と

そんな時、
「乗りかかった船だ」
たどり着くところまで行ってみよう。
行ってみなければ見えない景色がある。

と、思うことにしてみてはいかがですか。

その次は、
その続きは、
たどり着いてから
考えれば良いじゃないか・・・と

アントニオ猪木さんも
「迷わずに行け、行けばわかるさ ! 」
と言われています。

乗りかかった船には、
迷わず、乗りましょう。
乗ってみなければ、
見えない景色がある。



* 1月 3日
修めていく。

あなたが、あなたの機嫌をとる。
あなたが、あなたを修めていく。

過去、未来の時間を忘れ去り、
今、
この時をひたすら生きていく。
笑顔で、生きていく。

ひたすら今を生きる、
この積み重ねの先に、

あなたがある。

あなたが、
あなたを、
修めていきましょう。



* 1月 7日
寄り添う。

大切な人が
傷ついている時、
やさしい言葉、
親切、
思いやりの行動、
などなど・・・
人は考えるものです。

しかし、
大切な人にとっては、
かえって、
重荷になるかもしれません。

「大丈夫?」
「いつでも話を聞くよ」
と声をかけて、

大切な人だからこそ、
何もしないで
距離を保つ。

でも、
心の中で
そっと、寄り添ってあげる。
ただ、寄り添ってあげる。
ずっと、寄り添ってあげる。

しばらく会っていなくても、
心が寄り添っていることは、
大切な人に伝わるものです。



* 1月11日
冬の夜空。

夜のこの時期に、
南の空にオリオン座を見つける。

冷たい空気が顔おをぬぐい
心に染みてくる。

そんな時、
いつも浮かんでくる俳句がある。

「雪片を 星が降らしぬ クリスマス」

相馬 遷子 ( そうま せんし )


夜空からひらひらと雪が舞い落ちてくる。
ひらひらと舞う雪は
夜空にきらめいているオリオン座が
降らしてくれているように思ってしまう。

まるで、
クリスマスのプレゼントのような気がしてしまう。

「雪片を 星が降らしぬ クリスマス」

オリオン座を見つけて、
光のプレゼントをいただいた気持ちになり
ちょっと心がなごみ、
微笑んでしまう私です。



* 1月15日
新しいもの。

新しいものには、力があります。
たとえ安い Tシャツでも、
新しいだけで気分が違い、
面倒なことにもやる気が出て来ます。

しかし、
新しいものの力に頼ってばかりでは、
長続きしません。
新しいものも、やがて古くなっていくのです。

今あるもので、いけないか?
工夫して使えないか?
磨いてみてはどうだろうか?

よく考えてみましょう。

古いものもを、磨いてみましょう。
部屋が明るくなります。

あなたの能力も、磨いていきましょう。
自分の隠れた能力に気づくはずです。

今一度、考えてみましょう。

新しさが、すべてではないと思います。



* 1月17日
プリンター。

8年使っているプリンターが、
突然、紙送りが出来なくなりました。

キャノンのお客様相談センターに電話をして
一度は、良くなったのですが、
また、
紙送りができなくなったので、
修理に出すことにしました。

修理のためにプリンターは、
茨城県坂東市の「キャノンテクニカルセンター」まで
旅をすることになりました。
私も行ったことのない茨城県までです。

大和運輸の人が集荷に来てくださったので、
きっとトラックの旅だったと思います。

修理を終えて、
今日無事に私のもとに帰って来てくれました。

茨城県坂東市の空気とともに。



* 1月19日
逆算。

あなたの夢を叶えるには・・・

いま何を考える必要があるのか・・・

あなたの人生を
逆算で思ってみましょう。

これをするには、どのくらいかかるのか?

時間軸が
はっきり、くっきり見えれば、
あなたが考えて、行動に移していく
モチベーションになります。

漠然としていてもかまわないと思います。

そう、
桜の花の咲く頃には・・・
太陽が、まぶしくなる頃には・・・

あなた自身が、
あなたの人生の主人公です。



* 1月21日
思ったこと。

思ったことをずっと突き進めるのは
どうかと思います。

あなたは、
いろいろと思ったことについて
準備を進めていくことと思います。

そして、
動き始めるとします。

すると
どうしても 思ったことと少し違う
状況になって来たりします。

そんな時、
はじめの思ったことと違うからといって、
状況に合わせて柔軟に変化させなかったら
どうなるでしょうか?

枝葉の問題であれば、
その状況をよく見極めて、
ラグビーのように
柔軟にステップを踏み
かわしていきましょう。

はじめに思ったことにとらわれていると
軽やかなステップが踏めなくなってしまします。








Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真を楽しむ練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから


Pocket