組写真・作り方・考え方 2015年 4月編 [ 2 ]「ひととき」

Pocket

3枚の写真で組写真を作り
「ものがたり」を表現していく

2015年4月に展示した組写真「ひととき」
のつづきです。

▼ 下の組写真が2015年4月に展示した「ひととき」です。

ひととき

地面に 桜の花がたくさん どうして?
でも すずめの仕業ではなさそうだし
見上げてみると 一羽のインコが 枝にとまり
桜の枝を 折っている

どうしてこんな所に インコがと 不思議に思っていると
そばに居た老人が 手に持っていた枝を
インコの前に 差し出した
すると インコはヨイショと その枝に移った
この老人が 飼っているインコなんだ
そして その老人は インコを肩にのせて
鼻歌を口ずさみながら
( あっめ あっめ ふっれ ふっれ・・・・・ )

あっ!
ああ
そうか
と思う私でした





前回の続きです。


まず、一番下の桜の写真の説明をしていきます。
▼ 下の写真を見てください。

この写真は、ライブビューで撮影しています。


⭐️ ライブビューで撮影する時の注意点
カメラを持つ手を地面につけて固定するようにしています。
ライブビューで撮影のシャッタースピードは、かなり遅くなるのでぶれやすくなります。
だから、カメラを持つ手をどこかに固定して撮影するようにしています。
もう少し高い方がいい場合は、自分の靴の上で固定します。



桜の花のラインにピントが合い、上下がボヤけています。

▲ 上の写真が実際に撮影した時の写真です。

私はいつも撮影の際は、センターピントで写しています。
だから、トリミングで、桜の花を左に寄せる事ができています。



⭐️ ここでちょっと
私は撮影の際、いつもセンターピント撮影します。スナップ写真が多いいせいでもあるのですが、
シャッターチャンスを逃さないためです。
「あっ!」と思った時に、逃さず、迷わず、シャッターを押すためです。
「ROW [ ロウ ]( 生 )」画像で撮影していれば、「どんなトリミングも怖くない」という勢いです。

* スナップ写真の撮影の仕方の参考に、合わせてお読みください。 
Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

SHASHIN・65
65歳からの写真の練習 3「スナップ写真 1 」は、こちらから

SHASHIN・65
65歳からの写真の練習 4「スナップ写真 2 」は、こちらから




*トリミングでお悩みの方、
ぜひ、参考に合わせてお読みください。
KUMISHASHIN
「組写真・トリミング・考え方 2013年4月 足もと」は、こちらから

KUMISHASHIN
「組写真・トリミング・考え方 2013年5月 若者 」は、こちらから

KUMISHASHIN
「組写真・トリミング・考え方 2013年7月 通りすがり 」は、こちらから



私が使っている写真編集ソフトは「Lightroom」(ライトルーム) です。

 「Lightroomのトリミングツールの使い方」はこちらです。



戻ります。
地面に落ちている桜の花が、セーラー服の彼女の心の一部分
そこから立ち昇る不安定な心の様子を、このボヤけていることで現すことが出来ていると思います。

レタッチは、コントラストをかなり上げて、ボヤけている上の黒い部分を強調して、上の写真の、セーラー服の色とつながるようにしました。

今思うと、桜の花をもう少し下げ、下のボケの部分を少なくしてトリミングした方が、良かったのではないかと思います。



⭐️ ここでちょっと
▼ 下の図を見てください。

この図は、よく言われている「黄金分割」の図です。
縦の線と横の線が交差したところに、写真の主人公を配置すると落ち着いた写真になると言われています。

また、写真全体の分割、例えば、空と海が写っている写真の場合、写真の中で、空と海の比率をどのような割合でトリミングしたらいいのか迷った時、この「黄金分割」の図を思い出してください。



次に、一番上の写真を説明していきます。
▼ 下の写真を見て下さい。

この写真は、狭山池博物館の通路の「壁面の滝」で撮影しました。
何枚か撮影したのですが、この写真が水滴の位置がいいように思えました。


▼ 実際に撮影したのは下の写真です。

この写真だと、落ちてくる時間を止めている、という感じがしませんか?


そうではなくて、
この写真を、あえて縦にする事によって
無重力感を現すことが出来て
雫が宙に浮かび漂っている
頼りなげな思いの時を止めて
見つめているという感じを表しました。

レタッチは、露光を上げて、水滴の白く光る部分を強調して
コントラストとシャドーをかなり上げて
水滴がクッキリ見えるようにしました。



▼ 下の組写真を、もう一度見てください。

▲ 上の組写真と、▼ 下の組写真とを比べてください。

前回の、組写真・作り方・考え方 2015年4月編 [ 1 ] でもお伝えしましたが、一番下の桜の写真を反転させて、下の組写真のように重心が、左・左・右、にして組写真を組んだ方が、見た感じ落ち着く様に思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hitotoki-1.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hitotoki-2.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hitotoki-3-2-1.png

こんな感じです。いかがですか?
目線が、自然に左から右へと移動していくと思います。

暖かい空気と、冷たい空気が入り混じる4月
頼りなげに揺れ動く「春の乙女心」

この組写真の「ものがたり」は、
桜の花から立ち昇るかげろうのような思いが、彼女の中を通り抜けて行き、
無重力な状態で、一瞬、時が止まっているという「ものがたり」です。


前回の、2015年 4月 編 [ 1 ]「ひととき」の説明は下のところから、
KUMISHASHIN
「組写真・作り方・考え方 2015年4月編[ 1 ] ひととき 」は、こちらから



KUMISHASHIN
 「組写真・作り方・考え方 2015年5月編 [ 1 ] 見つめて 見つめられて」は、こちらから

KUMISHASHIN
 「組写真・作り方・考え方 2015年 3月編 [ 1 ] 翔けていく」は、こちらから






Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから



Pocket