day・day ささやく 2024 年 6月

Pocket

暮らしの日々から

* 6月 1日
求めない。

 一度、
あなたの心の中で

「求めない」

と言ってみてください。

心がとても楽になりますよ。

欲張ってあれも、これもと望むと、
そのために余計な言動を
しなければならなくなります。

すると、

あなたの心に無理がかかってきます。

それでもあなたの望み通りに
あれも、これも、
手にすることができるかもしれませんが
ほとんどが一時的なものです。

欲にかられて手にしたものは
実がないのです。

あなたに「ちょうどいい」を
感じましょう。

求めないでいると、
かえって、
向こうからやって来てくれます。

あなたの心が楽な状態で
生きていきましょう。




* 6月 3日
ともだち。

久しぶりにともだちの
綾ちゃんに会いました。

ドール人形作家さんです。

ドールを創作している時、
「かわいいね! かわいいね!」
と声をかけながら作っているそうです。

出来上がった
ドールの写真を見せてもらいました。

驚きの雰囲気が伝わってきます。
ドールが語りかけてくる気がしました。

名前もついているそうです。

綾ちゃんとまた会って話を聞きたいです。




* 6月 5日
失敗。

失敗は誰にでも起こることです。

失敗の原因を探ることが
これから先の道を分けます。

とかく、
失敗はうやむやになってしまします。

このようにして
失敗を忘れてしまうと
また、
同じ失敗を繰り返してしまします。

失敗の原因を研究すれば
失敗のパターンがわかり
失敗しなくなります。

成功を分析するより
失敗を分析することにより
成功の確率が上がります。

あなたの
ありとあらゆる失敗を
ちゃんと研究しましょう。

すると、
あなたの道が自然と開けていきます。




* 6月 9日
一彩( いっさい )くん。

下の息子と同い年で、
幼稚園の時、
お家に遊びに寄せていただいた。

その彼が、
8年前に、事故でなくなった。

その衝撃は大きかった、私には。
お通夜に行かせてもらったが、
辛かった。

お母さんと話をする時、
下の息子の話は避けていた、私。

ある時、お母さんが、
「一彩は、この世になぜ生まれて来たのだろう?
あんなに短い人生を・・・」
「一彩のことが、忘れられるのが寂しい・・・」

と、話されていた。

私は、
この言葉を知ってから、
一彩くんの命日に花を届けることにした。

少しでも、
「一彩くんのことを忘れてないよ」
という思いが伝われば・・・

亡くなる順番を違えてはいけない!

親より先に子どもが亡くなってはならない!

と、私はつくづく思い知らされた。




* 6月11日
和尚さん。

月参りに来てくださった
和尚さんの着物は「絽」になっていました。

涼しげな空気が漂っていた。

しかし、
当の本人はあまり涼しくないそうです。

話の流れで、
「日本に仏教系の宗教団体はいくつあるのか?」
という話になって、

平成18年のデーターによると
85,994 団体だそうです。
では、
全国で宗教団体の一番多い都道府県は、
どの県だと思いますか?

愛知県だそうです。

多いと思われた京都府は、6位です。
奈良県はベスト10に入ってはいませんでした。
意外ですよね。

ちょっと、ちょっとの
仏教豆知識です。

和尚さんの絽の着物姿はステキでした。




* 6月13日
ふりをして。

嫌な出来事は、
忘れたふりをして生きていこう。

忘れたふりをしても
嫌な出来事は消し去ることはできない。

時に、時間が解決してくれて
笑顔を運んでくれるが、
決して消し去ることはできないものです。

ならば、
あなたが、幸せだった時のことを思い出し
あなたが、幸せな気分でいられるような
あなたを、作り出しましょう。

嫌な出来事は、
心の奥の引き出しの中にしまって
鍵をかけてしまい、

そして、
忘れたふりをしょう。

あなたを幸せにできるのは、
あなただけなのです。

あなた自身を信じて!




* 6月17日
あなたの問題。

あなたの問題を解決するために
適している人は、あなた自身なのです。

問題に直面した時、
「この問題を回避するには、
どうすればよかったのか?」
と、あなた自身に問いかけてみる。

あなた自身に問いかけるとは
罪悪感を持つためではなく

これから起こってくる問題を
防ぐ力があなたに在るということに
気づくためです。

とかく
問題の原因は外から来ると
考えがちですが

あなた自身に原因があると
認められるようになれば
起こってきた問題を
防ぐことができるようになります。

悩むのではなく
原因を考えて
次につなげていく心を

あなたが
あなた自身の中で
育てていくことが大切なことです。

あなたがあなた自身を
助けていきましょう。




* 6月21日
質問。

わからないことがあれば
聞きましょう。
知っていることであっても
聞いてみましょう。

素直に質問をすれば
人は心よく教えてくれるものです。

質問とは
人から学ぶ術であり
あなたの質を高める手段です。

答えは、人が持っています。

あなたの中から答えを取り出すよりも
新しい発見があると思います。

知っているフリをするよりも
謙虚な心で
質問しましょう。

あなたがステップアップする
チャンスです。



* 6月23日
夏の雨。

今日は雨。

空が明るいので
きらりきらりと輝いて見える。

日野草城( ひのそうじょう )の俳句を思い出した。


夏の雨 きらりきらりと 降りはじむ



この俳句に見られるような
涼しさをもたらし
濡れてもさほど気にならない雨に
似ている。

そんな、風情のある夏の雨がいい。

夏の雨を、緑雨ともいうらしい。

きらりきらりと
降る雨が光っている
ひとつぶひとつぶの雨粒を
感じられるひと時は
日本の心に通じている気がする

ところが
最近の雨は、
降るとなると豪雨になることが多いい。

ちょっと
地球が心配になってくる。




* 6月25日
筏( いかだ )。

目の前の川を渡るために、
木を切り出し
組んで筏を作る。

川を渡ると
筏は不要なものになる。

しかし、
人は、
また川があるかもしれない・・・
何かの役に立つかもしれない・・・
と捨てがたくなり
背負ってしまう。

意を決して
捨ててしまいましょう。

筏を背負っては、
重すぎて疲れてしまいます。

仕事も一緒です。
一つのプロジェクトが終わると、
すべて、捨ててしまいましょう。

人生も一緒です。

また、
新たに考えればいいのでは・・・

あなたの人生、
心軽やかに生きていきましょう。




* 6月29日
プチ同窓会。

インスタがきっかけで、
学生時代の友達二人と
50年ぶりに会うことになった。

会うまでに少し日にちがあったので、
色々と思い起こしていた。

若かった・・・
何もかもが未来につながっていた。

そして、
自分の人生も振り返っていた。

それほどいい人生だったとは言えないが、
後悔はしていないなぁ・・・

会うと、あっという間に
学生時代にタイムスリップ。

すごいものだ!

二人とも色々な事があり
今を生きていた。

また、会おうね!

約束をして別れた。

今、次にあった時に
あれも話そう・・・
これも聞こう・・・

と、
学生時代の友達とは、
これほど余計な気遣いをしなくて
素直に話ができるものなのだと・・・
自分の心に感心した。

今から、次回の、
プチ同窓会を楽しみにしている私です。










Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから






Pocket