day・day ささやく 2022年 7月

Pocket

暮らしの日々から

*7月1日
めぐり逢う。

写真の撮影に行って、
シャッターチャンスにめぐり逢う。

その日の、
その時間の、
その場所で、
その被写体にめぐり逢う。

この地球上で、この日本で・・・
生きている間にめぐり逢える人には、
限りがあります。

そんな中での何かのめぐり逢わせで、

逢わせていただける人たち。

めぐり逢うということには、
そこに何かの意味があるはず。

そう感じた時から、
人とのめぐり逢いを、
とても大切にすることにしました。

すると、人生が変わりました。

出逢った人からのメッセージに、
耳を傾けるようになり、

そして、

「出逢った人を介して、
人生に必要なメッセージを
届けてくれているに違いない」と

思うようになりました。

だから、

撮影に行った時も、
出逢った人の言葉を大切にしています。

そして、

シャッターチャンスにも、
めぐり逢わせてもらっています。





*7月3日
あふれ出す。

心の奥深くを流れている川。
いつもは気づかない川。
ある日突然、
心の思いの中を川が流れはじめる。

見えないふりをしていたものや、
目をそむけていた事柄が、
胸いっぱいに、広がりはじめて、
これまで我慢できたことが、
できなくなる。

胸の底からこみ上げてきて、
あふれ出してきて、
どうしても止めることができない。

それは仕方のないこと。
そんな自分を責めないで!

新しい自分になる為に、
起こってくる出来事なのだから。

怯むことなく、立ち向かいましょう。

心の奥深くに眠っていたものを、
あふれ出してきたものを、
勇気を持って手放しましょう。

そこに、
素直な本当の自分が、
顔を出してきます。

さあ!
新しい流れの中で生きていきましょう。



*7月5日
今日、なにが食べたい?

夏の暑さの中で、
食欲が落ちてくる。

スーパーに買い物に行って、
並べられた野菜、肉、果物・・・
などをながめながら、
今日、なにが食べたいのか、
自分の胃袋にきいてみる。

それが、なかなか答えがでてこない。
こまったものです。

今日、食べたいと思う食べ物が、
自分の身体に不足している食べ物だと、
よく言います。

以前に食べて美味しいと思った食べ物は・・・

今の自分の身体を知る、
という意味でも、
「今日、何が食べたい?」
自分に一度、聞いてみましょう。


7月7日
変わること、変えること。

今ある日常が、
変わることはとても不安なことです。

習慣にしていること、
人との関係、
生活環境が変わることは、
ストレスに変化していきます。

それにより、
髪に白髪が増えたり、
運動不足により、体つきが違ってきて、
いろいろな思いにより、
顔つきも変わってきます。

それらの変化に対応するために、
自身を思いを変えましょう。

思いを変えて、
今起こっている変化に柔軟に対応して、
変わることを楽しみましょう。

まわりの環境が変わることに順応して、
自身の思いを変えていきましょう。

心の「芯」は変えることなく、
枝葉のことには、柔軟に・・・

変えることにより、
心の安らぎが、多くなり、
柔軟に対応している姿により、
笑顔が増えて、
とても、素敵になってきます。

勇気を出して自身を変えていきましょう。



*7月15日
宇宙から。

人は、だれもがいろいろな記憶を持って生きている。
家の空間も同じで、いろいろな記憶を持っている。

出かけてて、
家に帰りあれもしよう、
これもしようと思い、
意気ごんで玄関のドアを開けてみたものの、
ドアを開けた瞬間、思いがなえてくる。

なんだか、気がめいって、
わからないがイライラしてくる。
やろうと思っていたのに、
あれもこれもすることが、
できない自分に対するがっかり感が心に広がる。

それは、
家が持っている記憶が、
思いのそこからチョット顔をだすから。

そんな時、深呼吸。

思いを宇宙に飛ばして、
地球に浮かぶ日本、
日本の近畿地方、
近畿地方の大阪府、
大阪府の大阪市、
大阪市の城東区、
そして、
我が家。

宇宙からのエネルギーを頂く。
我が身の小ささ、我が思いの小ささを思う。

自身を思い、けなげに頑張っている「わたし」。

大丈夫!、頑張れ!「わたし」



*7月17日
予感。

ふとした瞬間に頭に過ぎる思い。
今、自身が抱えている思いです。

ああでもない、こうでもない、などと、
どうしても グルグルと同じことを考えてしまう。
出口の見えない思いです。
そして、
そんな時の思いはいつも悪いほうに傾く。
こうなるかもしれない、
ああなったらどうしよう・・・

心を覆う「負の予感」です。

起こるか、起こらないかわからない負の予感で、
心が一杯になってしまう。

さぁ、

起こってくるかどうか、わからない「負の予感」で、
一杯になっている心から、
行ったり来たりしている「負の予感」を、
さっさと、
手放しましょう。

手放すことによって、
新しい「正の予感」を手にすることができるのです。

そして、
今、この瞬間を生きるのです。



*7月19日
手放す。

いったい自分は、
何に心を奪われているのか・・・
この気持ちが落ち着かないのは、
この気持ちがモヤモヤしているのは、
いったい何なのか、なかなか明確に分かりづらい。

そんな中で、
心のモヤモヤを手放すことは、
なかなかできにくいし、難しいことです。

そんな時、
まっ白い紙に思いつくまま、思いの言葉を、
文字にしてみましょう。

文字にするだけで、
心の思いを確認できて、
手放す思いを、
見つけることができます。

あなたの力ではどうすることも出来ない事柄に、
心をとらわれている自分がいることに、
気づくでしょう。

ここまで来たらもう大丈夫!

勇気を持って、
あなたの力ではどうすることも出来ない事柄を、
手放しましょう。

そして、
あなたの、あなた自身の輝きを、
手放すことによって取り戻しましょう。

新しいあなたに、
あなたらしい笑顔に、

乾杯!



*7月31日
絢斗。

私ごとながら、孫です。
ただ今、5才。
事情があり面倒を見ることとなり、
絢斗との日々を過ごしました。

体力的には、少々大変でしたが、
楽しい日々を持つことができました。

神様が与えてくれた、
この日々は、
私の人生にとって、
絢斗と関わることができたこの日々は、
何を意味するのか?

その答えが出るのは、
何年か先なのかもしれない。

ちなみに、
絢斗は、俳句カードがとても好きでした。







Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらか



Pocket