Postcard ポエム「春よこい」2018年 2月

Pocket

節分も終わり 立春
今年はなぜか 待ちに待った 立春
なのに まだまだ寒い 立春

ベゴニアの花の色に ワインが浮かぶ
人類史 最古のおさけ ワイン
寒さで硬くなった心を ほぐしてくれる
さみしがりやの心に ロゼ・ピンク
寒い心に ちょっと春

陽のあたる 明るい窓辺で一人
ロゼ色の風吹く春を思い
ほんのり暖かな気持ちが 胸に広がる

春よ来い 早く来い




2018年2月 Postcard ポエム
「春よこい」

この postcard を作った頃は、生きるのがとても寒い頃で、
本当に、春が早くきて欲しいと心底、願っていました。

そして、
この2月のポエムから、色を意識して、
そして、
自分の気持ちを説明するのを少なくしていこうと思えた、
私にとって、記念すべき、2月のポエムなのです。


この写真のタイトルは、はじめ「春いろの風」でした。
春いろ、つまり、桃いろの風、をイメージしていました。
( 桃の花で染めた色 )
桃は、古来中国、日本では、魔除けの力を持つとされたため
現代の日本でも、桃の節句などで、女の子の健やかな成長を祈る
風習が残っています。

また、桃色は、感謝や愛を伝える意味を持っているために、
送りの物のリボンなどによく使われます。
それから、心や身体に満ち足りた気分をもたらしてくれ、
攻撃的な感情を鎮めて、心の動きを安定させてもくれます。


このポエムを書き進めていくうちに、

「ほんのり暖かな気持ちが 胸に広がる」
と書き終えた時に
「春よ来い 早く来い」の
童謡のフレーズが自然と心に浮かんできたのです。


春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の
つぼみもみんな 膨らんで
はよ咲きたいと 待っている

ロゼ色のワインを飲み、心に優しい、満ち足りた気持を広げながら、
しばし、
春色の風をまとって、時を過ごしてみてはいかがでしょうか


春よ恋



🐱 私の
「写真」
「ポストカードフォトポエム」
「デスクトップフォトポエム」を、
お買い求め頂けるようになりました。
ぜひ、一度みてください。

🐱 詳しくは、こちらから


Postcard ポエム 「生きる力」は、こちらから

Postcard ポエム 「感じられる」は、こちらから

HeartStory 「人生のわすれ物に気づいた❗️」は、こちらから

HeartStory 「気持ちを「まとめ」る」は、こちらから





Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから



Pocket