時間を止めて芽を出すとは ?

Pocket

思いや気持ちの言葉を見つけて文字にする。

あなたの中の思いや、気持ちに当てはまる言葉を
見つけられると、心が楽になる。


「まとめ」という言葉があります。
考えをまとめる、意見をまとめる、などに使われています。
この、「まとめ」の意味は
「ま」 間、時間という意味
「と」 止める、という意味
「め」 芽、という意味

つまり、「時間を止めて芽を出す」という事だそうです。


暮らしの日々の中で、あなたは色々と思い悩むことがありませんか?
それを、そのままにしておくと、いつしか心の中で大きくなり悩みごとに追いかけられ始める。
追いかけられている状態が続くと、どうしても息切れがして、疲れ果ててしまう。


そんな時、
一度、立ち止まり
自分の心の中で、気になっている事、思っている事、感じている事を、言葉にして、文字にして、
大きな紙に書き出してみる。
A3ぐらいかなぁ・・・もう、思いつくままに・・・

何があなたの中で一杯になっているのか?
何を不安に思っているのか?
何が気になるのか?
考えて・・・考えて・・・思いつくままに・・・
思いを言葉に、文字にしていく。

少し、思いの言葉の文字を見つけるのが大変ですが・・・
そんな、
色々な思いが文字になる事によって、目に見えるようになる事によって、なぜか、気持ちが落ち着いてくる。

ちょっと、不思議ですが・・・


しかし、
こうなれば半分かたずいたようなものです。
次に、
A3紙に書き出した事柄について、何と何がつながっているのか、どうすすればいいのか、具体的に考えていく事 です。


まず、
時系列で考える。急ぐことか、後からでも大丈夫なことか?
次に、
あなた自身で、解決できる問題なのか? 解決できない問題なのか?


すると、あなたと見つけたその思いの言葉との間に距離ができて、少し離れた所から見つけた事柄について、
眺めることが出来る気持ちが芽生えてきます。


この辺りからは、
もう悩むということから開放されて、考えるという方向に気持ちが移行されます。
これだけでも随分と心が楽になります。
悩むということと、考えるということはずいぶん違うことにあなたは気づくはずです。

あなた自身によってそれらは解決できることなのか?
それとも、
あなた自身の力ではどうすることもできないことなのか?

どちらなのかを、考えることがとても大切なことなのです。

あなた自身の力ではどうすることもできないことであれば、ホッポトキましょう。


そして、
人は、変える事ができないが、あなた自身は、変える事ができる。


⭐️ 「変えるべき事を、変える勇気
変えられない事を、受け入れる心の平和を
そして、これら二つを、見分けられる賢さを」⭐️



ここでもう一度、考えてみて下さい。

「やまとことば伝説」という本に「まとめ」という言葉の説明があります。
考えをまとめる、意見をまとめる、などに使われる「まとめ」です。
この、「まとめ」の意味は

「ま」 間、時間という意味
「と」 止める、という意味
「め」 芽、という意味

つまり、「時間を止めて芽を出す」という事だそうです。


一度、あなたの時間をとめて、
あなたの内に芽生えているはずの、ちょっと近い未来を思ってみてはいかがですか❓




HeartStory
 「人生の忘れ物に気づいた❗️」 は、こちらから

HeartStory
 「母の一周忌と、父の十三回忌を終えて」 は、こちらから




Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残ったページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから



Pocket