Postcard ポエム「 よ ぎ る 」 2020年 9月

Pocket

都島の毛馬森之宮公園で出逢った
目の前を スタスタと横切る黒猫

一瞬 心をよぎった思いは
時に 正解だったりする

しかし 人は いとも簡単に
言い訳をして 気づかなかった事にする
感じた心を 無かった事にする

心の隙間を すり抜けていく思いを
すかさず しっかりと両手で つかみとる

心をよぎった思いを 言葉にかえて






2020年 9月 Postcard ポエム
「 よぎる 」

上の写真は、毛馬の堰に行く途中で出逢ったクロ猫です。

周りには桜の木がたくさん植えられていて
素敵な桜並木を作っていました。

撮影したのは、
2月末なので少しふくらんだ桜の花芽をつけた枝が、
道路に綺麗な影を落としていました。


そんな石畳の道で、クロ猫を発見 ❣️
後を追いかけて撮影しました。







クロ猫との出会い、後を追いかけて



横ぎる



立ち止まる



ふり向いてくれた



行っちゃった


ほんの一瞬のクロ猫との出会いを大切に
迷わずシャッターを切る。





生きていると色々な出来事に迷ってしまう事が多いい。

そんな時、私は、
直感を大切にします。

少し方向性が違っているかもと思えて
心がすくんでしまうかもしれないが・・・

とにかく、直感を大切にします。


だから、
これは、この言葉とは・・・
もしかしたら
私を助けてくれる言葉なのではないか・・・
と感じたら、

心をよぎった言葉を信じて前に進みます。


一歩前に進むまえに
ああだ、こうだ、
などと考えてみても何も変わらない。

できない言い訳を考えてみても仕方がない。


やっぱり、
やってみないとわからない
やってみないと・・・

やらないでいると
多分こうだっただろうと推測されるところで
終わってしまう。


直感を信じて
やってみたからこそ
次にどうすればいいのか方向が見えてくるし
答えも 感じることができる。

感じることができた思いを、
つかさず、すくい取る、

手のひらからこぼれ落ちる前に
指の間をすり抜けていく前に
両手でしっかりとすくい取る。

そして、
感じた思いを言葉にかえる。

すると、
あなたの心の中にちゃんと残っていきます。

残っていったものは、
あなたの宝物になります。


さぁ、
あなたの直感を信じて
言い訳を捨てて
前に進みましょう。





前回の
Postcard ポエム 「2020年 8月 心をのせて 」は、下のところから
Postcard Poem 
「 Postcard ポエム 2020年 8月 心をのせて 」は、こちらから







Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから






Pocket