65歳からの写真の練習 5「 写真のテーマを考える 」

Pocket

あなたは、なぜその瞬間シャッターを切ったのでしょうか?

▲上の写真を見てください。
ノイズが出ていて、ピントがどこにもあっていませんが、何かが伝わってくる写真だと思いませんか?


上の写真を使った組写真「2015年 2月編 [ 1 ] 夢」の説明は、
KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方 2015年 2月編 [ 1 ] 夢 」は、こちらから

あなたは、
どんな写真が、良い写真だと思いますか?
また、
どんな写真が、悪い写真だと思いますか?

まずはじめに考えてみてください。
いったい、良い写真と悪い写真とを、どんなところで判断するのだと思いますか?

この思いを出発点にして、あなたが写真を撮影する時の思いを、今一度考えてみましょう。


私は、写真を撮り始めた頃は、
「悪い写真は、ピントが合っていない写真」
「悪い写真は、ぶれている写真」
と、思っていました。
そして、
「良い写真は、どこかにピントが合っている写真」
「良い写真は、きれいな写真」
と思っていました。

しかし、
最近は、良い写真も、悪い写真もないと思うようになりました。
撮りたいと思ってシャッターを押す、
おもしろいと思ってシャッターを押す、
そう思ってシャッターを押した写真は、すべて良い写真なのではないでしょうか。

その時、あなたの心の中で何かを感じてシャッターを押しているはずです。
感じたものが表せている写真であれば、
伝えたいものが、伝わっている写真であれば、
良い写真も悪い写真もないのです。

具体的なテーマを考える

では、
伝わる写真、伝わらない写真とは、何が違うのでしょうか?
それは、
伝えたかった思いが、伝わっている写真かどうかではないでしょうか。

たとえば、
「夕日がきれいだったから」
「猫の姿が、面白かったから」
と思ってシャッターを押すと思うのですが、

しかし、
そこからもう少し深く掘り下げて、
「夕日に照らされた、雲がきれいだったから」


「猫があくびをしている顔が、面白かったから」


と具体的な思い、テーマを持つことだと思います。

つまり、
写真を撮る時、シャッターを押す時に、
自分の中に、
少し深掘りした具体的なテーマを、
明確にすることが大切なのです。


では、テーマとは何でしょうか?
それは、
「あなたは、あなたが撮影した写真で何を伝えたいのか」
と言うことです。

つまり、
「あなたが見つけたこと」
「あなたが気づいたこと」
と言ってもいいと思います。


たとえば、
夕日に輝いている雲を見て、
「あの夕日をうけて、チェリーピンクに輝いている雲がきれいだ」
と思ってカメラを構えます。
これが、あなたが写真で伝えたいことです。

写真を見ている人が、
「この人は、夕日をうけてチェリーピンクに輝いている雲を伝えたかったんだ」
と思えば、伝わる写真が撮影できたということになります。


さらにテーマを深掘りする

テーマをはっきりさせるためには、伝えたいことを掘り下げていきます。

1 テーマの発見
まず、「夕日がきれいだ」と見つけて思ったことに気づく。

2 テーマの深掘り
次に、どうしてきれいだと思ったのか、その理由を掘り下げる。
「空の夕日の色がきれいだったから」
「雲がチェリーピンクに輝いているのがきれいだったから」
「雲がピンクの綿あめみたいできれいでふわふわだったから」

3 テクニック
掘り下げた「きれい」をより伝わるように工夫する。

私の場合は、工夫するということは、
トリミングとレタッチです。

このようにテーマを深掘りしておくと、伝え方も明確になるので、
見ている人に伝わる写真に近づいていきます。




撮影した具体的なテーマの写真を、少しでも興味を持って見てもらえるようにしていくのが、私の場合は、トリミングとレタッチなのです。

私の撮影する写真は、ほとんどがスナップ写真です。
だから、スナップ写真を撮影しているときに、
「写真の露出は・・・」
「写真の構図は・・・」
と、テクニックを考えているとシャッターチャンスを逃してしまいます。
だから、
「おもしろい」「綺麗だ」と思ったときに迷わずシャッターを押すのです。

「おもしろい」「綺麗だ」と思って撮影したスナップ写真を、テーマに沿ってトリミングとレタッチをしていき、伝わる写真に仕上げていきます。

つまり、
写真を見ている人達に少しでも興味を持って見てもらえるように、
私がシャッターを押した時のテーマが伝わる写真に、撮影した時の思いが伝わる写真に、トリミングとレタッチで仕上げていきます。


この続きの「65歳からの写真を楽しむ練習 6 」の説明は下のところから
SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習 6 写真に 関係ないものは入れない」は、こちらから


⭐️ ここでちょっと
私は撮影の際、いつもセンターピントで撮影します。スナップ写真が多いせいでもあるのですが、
シャッターチャンスを逃さないためです。
「あっ!」と思った時に、逃さず、迷わず、シャッターを押すためです。
「ROW [ ロウ ]( 生 )」画像で撮影していれば、「どんなトリミングも怖くない」という勢いです。

*スナップ写真の撮影の仕方の参考に、ぜひ、合わせてお読みください。 
Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

SHASHIN・65 65歳からの写真の練習 3「スナップ写真 1 」は、こちらから

SHASHIN・65 65歳からの写真の練習 4「スナップ写真 2 」は、こちらから


私が使っている写真編集ソフトは「Lightroom」(ライトルーム) です。

* Many・Thanks 「Lightroomのトリミングツールの使い方」は、こちらです。



次回の「65歳からの写真を楽しむ練習 6 」は、具体的にトリミングとレタッチの仕方を説明していきます。


この続きの「65歳からの写真の練習 6 」の説明は下のところから
SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習 6  写真に関係ないものは入れない」は、こちらから



KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから



Pocket