day・day ささやく 2022年 6月

Pocket

暮らしの日々から

*6月1日
生かされて。

今、自身が生きている時間は、
自身が動かしているのではなく、

大きな、大きな、宇宙の力と自身の力が、
一体となって、生かされています。

人智を超えた大きな働きの中で、
生かされている。

このことを、痛痒(つうよう)と言います。

そのことに、気づくことが大切です。

そして、

気づいたことを、大切にするには、

人として、正しいと思えること。
ほんとうと、思えたことだけを。

生きる姿として、美しいと思えたことを。

残していきましょう。

自身は、目には見えない何ものかの中で、
生かされているのです。





*6月3日
考えてから。

まだ、
自身の中で伝えたいことが何なのか、
はっきりしていないのに、
話をしていませんか?

とりあえず、
話しはじめて、
話をしながら、考えていませんか?

これは、
話を伝える時のマナー違反です。

まずは、
「自身が伝えたいこと」を
自覚して、
準備を整えて、
しっかりと考えてから・・・

そして、
口を開き、
話をするようにしましょう。

そうすることにより、
コミュニケーションが
スムーズに運ぶと思います。



*6月5日
アマリリスの花。

ソラソドソラソ
ララソラソファミレミド
小学校の音楽の時間に習った。

最近、
近くを散歩していると、
アマリリスの花が咲いているのを、
よく見かける。
放置されているかのような、
アマリリスの花に水をあげている、
光景に出会いました。

アマリリスの花は、
私の思い出の中では、ちょっと特別な花です。
それは、
祖父母が、お花畑で育てていた花なのです。
それも、お花畑の真ん中で。
毎年、決まったように、
赤い花を咲かせていました。

祖父母と私との思い出の中に、
つれていってくれるアマリリスの花です。

ソラソドソラソ
ララソラソファミレミド
我が家の、
炊飯器の炊飯終了のお知らせメロディーが
アマリリスのメロディーなのです。

ソラソドソラソ
ララソラソファミレミド
美味しいご飯ができました。



*6月7日
質素でも心豊か。

我が家ではご飯を炊く時、
玄米を精米するところからはじまります。

もう何年まえかなぁ、
精米したてのご飯がとてもおいしかったので、
4合の精米機を買い求めました。

精米するときは、すごい音がしますが、
炊き上がりのご飯のおいしさを思い、
ガマンガマンです。

お味噌汁。
昆布と煮干しと、削りがつお、
でお出汁をとります。
お出汁がおいしいと、
どんな具の味噌汁でもおいしいです。

我が家は、薄揚げと、長ネギ、が基本で、
その時々によって、野菜を換えていきます。

自身がおいしいと思えるものを、
食べるようにしましょう

特別なごちそうでなくても、
心入ひとつで、
おいしいものが食べられます。



*6月9日
同級生。

今日は、
下の息子の同級生の命日です。

自転車の事故で亡くなりました。
あれから、6年です。

もう、
6年も前の出来事なのだと。
いや、まだ、
6年しか過ぎていないのだと。

両方の思いが胸の中で、
せめぎあっています。

思いはいっぱいあるのですが、
文字にすることができません。

心のどこかで、時々彼のことを、
思っていたいと思います。



*6月11日
都合。

「都合がいい」とは、
「都合がわるい」とは、

全て、こちらの都合です。

こちらにも、
予定はあるし、
事情もあるので、
仕方のないことです。

しかしながら、
相手の都合を意識して、
折り合いをつけていきましょう。

そんな小さな都合が、
いつのまにか積み重なると、
お互いの、
心の大きな負担になっていきます。

すると、人間関係にも影響して、
ギクシャクしてくるようになります。

そうなる前に、
相手の都合を思い、
バランスをとっていきましょう。



*6月13日
断れるように。

生きていく上で、
誰かに頼みごとを、
する機会ができてくる。

そんな時、
相手が断れるように、
少しの余白を残して、
お願いしましょう。

自身の都合をいっぱいに言わずに、
「悪いけど、チョット」
と、相手が断りやすいように・・・

断ったことにより人間関係が、
気まずくなったら取り返しがつきません。

相手に対して、
7の情熱と、3の心づかいで、
お願いごとをしましょう。



*6月15日
考える。

過ぎていった過去を思い出して、
後悔をする。
見えない未来を考えて、
不安になる。

いつもそんな中を生きている、私。

えいやって!
ふっ切れると、
どんなに楽になるだろうか・・・

最近、つくづく、
人とはそんなものなのかもしれない、
という境地にいたった。(ちょっと遅い?)

ならば、
と思い直して、
今日と、明日のことだけを考えることにした。

今日の反省を少しと、
だから明日は、
「このようにしよう!」の思いを多めに・・・
この 2つだけを考える。

ここから先は・・・
う〜ん、
なんとかなるさ!

これくらいが、ちょうどいい気がしてきた。



*6月17日
慣れる。

慣れるとは、
あまりいい意味みに使われにくいが、
生きているうちで、
慣れていくことは、
ある意味、
自身を守るということなのではないだろうか?

生きていくうえで、
自身の想いに反することは、多々ある。
それらに対していちいち反応していると、
身が持たない。

待つこと、
ガッっかりすること、
傷つくこと、
思いどおりにならないこと・・・

いろいろなことに慣れていく。

生きていく上で、
自身をまもる大切なことのように思える。



*6月19日
夕食のメニュー。

事情があって、
孫を幼稚園に迎えにいき、
夕食を共にすることになった。
孫の思い出の記憶の中に、
チョット身近に参加することになり、
嬉しく思っている。

それはいいのですが、
毎日、夕食のメニューに思いを巡らしている。
だから、
息子たちが幼稚園の時の記憶をたどって、
どのような料理をしていたのか、
ひたすら考えるのですが、
記憶の片隅にも残っていないことに気づいた。

あの頃は、添加物が話題になっていて、
生協の配送を頼んでいた。
今では添加物がそれほど言われなくなったが
当時はかなり言われっていた。
時代が移り変わったのだろう。
そして、
1日30品目摂取を目指して(調味料も入れて)
幼稚園のお弁当も毎日作っていたのに・・・

本当に思い浮かばない。

だから、
主人と二人で食べてきた夕食に、
チョットプラスするメニューになった。

これはこれでアリかな?



*6月21日
一つだけ。

胸の内に小さなことが積みかさなっていき、
なんとなく心が落ち着かない時。
身の回りの小さなことに目が行くようになった時。
そんな時、
お掃除を、片付けをどこか一つだけします。

たとえば、
台所のシンクまわりとか、
洗面所の手を洗うところとか、
お薬箱の中とか、
冷蔵庫の中とか、
一つだけしてみてはいかがですか?

不思議に心が落ち着いてきます。



*6月23日
磨くこと。

新しい服を着ると、
それだけで心うれしい。

新しいお鍋で料理をすると、
それだけで料理がおいしくなる気がする。

しかし、
新しいものもいつかは古くなります。
新しさに頼ってばかりでは・・・

今あるものを思いおこして、
工夫して使えないか?
磨けば、きれいにならないか?

ものも、能力も、付き合う人も、
新しさが全てではなのでは・・・

今、自身の持っているすべてのものを、
ていねいに、磨いていきましょう。



*6月25日
ラジオ体操。

辛い思いは身体の内たまっていきます。

東洋医学では、
怒りは、肝臓に。
悲しみは、腎臓にたまるとも言われています。
また、
肩、首、肩甲骨、
動かしにくい関節にもたまるそうです。

身の内にたまったものを、
身体の中から外に出すには、
身体を揺らすことがいいそうです。

だから、ダンスとかジョギングとかをすると、
気持ちがスッキリするというのは、
そういう意味なのではないでしょうか。

私は、パソコンに向かっていて、
あまりに疲れてきた時、
ラジオ体操をします。
いつも、ラジオ体操はなぜあれほど、
手を動かすのかと思っていましたが、

関節にたまった思いを
身体の外に出すためなのですね。

だからなんとなく、
ラジオ体操の後スッキリすのだと
あらためて思いました。

1日2回のラジオ体操は、
身体からストレスを外に出すには、
理想的なのではないでしょうか?



*6月27日
色。

色には、
人の心を整えて、
「元気」を増やしてくれる作用があります。

あなたの服の色には、
虹の色がそろっていますか?

緑系は持っているが、
オレンジ系はほとんどない。
青色は、好きだけど、
紫色はあまり好きではない。

持っていない色が、
好きではない色があったら、
ぜひそんな色に、
トライしてみては?

色には、
身体の調子を整えてくれる、
お薬のような作用もある。

今、気持ちがイマイチという人は、
今まで着ていない色の服を着てみては?

着ていない色の服ほど、
内面のバランスを整えて、
心を調整してくれるかも・・・

着ていなかった色の服が、
今のあなたにとって、
心を整えてくれる、
心の魅力を引きだしてくれる、
色なのかもしれません。

さぁ、新しい色にチャレンジ!



*6月29日
足の裏。

足の裏や、足の指は、
いつも窮屈な靴の中に、
閉じ込められています。
だから、
時には開放してあげましょう。

素足になってみましょう。

足の裏や足の指が、
子どものように喜び、
それだけで、
身体が元気になった気がします。

また、
週に一度は、お風呂に入った時、
軽石で足の裏の硬くなった部分を、
こすってあげましょう。
そして、
軽石のブラシの部分で、
足の指をブラッシングしてあげましょう。
それだけで、
足の裏がサラサラになって、
なんとも言えない爽快感があります。

足のリラックスが、
心のリラックスにつながります。







Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真の練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらか



Pocket