2023年 2月26日 大阪マラソンを応援

Pocket

「がんばれ〜 あとすこしだよ〜 」

初めて、2023年 2月26日の大阪マラソンを応援しに行った。

第一回大会大阪マラソンが2011年から開催されているが、応援に出かけたのは今回が初めてです。
というのは、月参りに来ていただいている和尚さんが、大阪マラソンに出場されるという事をお聞きして「応援しなくては・・・」の思いからです。

私が応援していたのは、ゴールの大阪城まであと3 kmの所です。

だいたいの時間を和尚さんに聞いていたので、時間を見計らって出かけました。
マラソンのために交通規制がかかっていて、道路の向こう側には、歩道橋を渡らないと行けませんでした。
はやる気持ちを抑えつつ歩道橋を渡った所の道路ばたで応援し始めました。

しかし、ランナーの方々は、あっと言う間に走りすぎて行きます。
しまった!
和尚さんに何色のランニングウエアーで走るのかを聞いておけばよかった!
何色の帽子をかぶって走るのか・・・

一生懸命に、和尚さんの姿を探し求めましたが・・・
見つけることができず・・・
とうとう、聞いていた時間が過ぎてしまい・・・

きっと、見逃してしまったんだと思いました。

帰ろうかと思ったのですが、

目の前を一生懸命に走っている人達は、
まったく知らない人達ではあるが、
ゴール目指して一生懸命に走っている姿に、
応援しよう・・・と思い始め、

「がんばれ〜 あとすこしだよ〜」と応援し始めました。

先程も書きましたが、私が応援しているところは、ゴールの大阪城まであと3 kmの所だったので、
「がんばれ〜」の後に、「あとすこしだよ〜」と、応援しました。


そのうちに、
応援するのに「がんばれ〜」でいいのかな?
「ファイト!」のほうがいいのでは?
「がんばれ〜」というのは簡単な事で、
「じゃぁ、あなた走ってごらんよ!」と言われると
私はしれないし・・・
やっぱり「ファイト!」の方かな・・・
と心の中で思い迷いつつも、
「がんばれ〜 あとすこしだよ〜」
と、手をたたいて応援していました。

すると、
ひとりの女の人が、
「はい! ありがとう!」と走りながら声を返してくれました。
顔も、姿も、走りすぎていて、わかりません。
しかしながら、
この返ってきた声に、私は、感動してしまいました。

この感動があるから、みんな応援するんだ、と感じました。

そこからは、迷う事なく、
「がんばれ〜 あとすこしだよ〜」
と応援し続けました。

そして、
走る事をやめて、道路の端を歩いている人には、
すこしトーンを下げて、
「ファイト!」
と、声をかけ続けました。


ひたすら前を向いて走っている姿に、
大阪マラソンを走りきるために、
完走するために、
今日まで一生懸命に練習をされてこられたんだなぁ・・・と。
そう思うと頭の下がる思いで胸の内がいっぱいになりました。

そして、
大阪マラソンを走っている人たちが、
最後まであきらめずに走り切れますようにと、
ここまで走ってこられたのだから、
あと3 km、
何があっても完走できますようにと、
心のそこから祈りました。




先日、月参りに来て下さった和尚さんに、
「大阪マラソンは、いかがでしたか?」
と、尋ねてみると、
「3時間16分、で自己ベストを更新しました!」
とのことでした。

よかった!

ちなみに、
和尚さんのランニングウエアーの色は水色で、
帽子の色は白だったそうです。

来年は、必ずランニングウエアーと帽子の色を聞いておこうと思いました。





Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真を楽しむ練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから


Pocket