息子が届けてくれたプレゼント「ガジュマル」

Pocket

プレゼントのガジュマルに「空」( そら )という名前をつけた
名前をつけるという事は、そのものに新しい命を吹き込むという事

クリスマスのプレゼントに、息子がガジュマルの鉢植えを持ってきてくれた。

この頃の私は、
何か小さなサボテンテンとか観葉植物の鉢植えが欲しいと思って、
お花屋さんやダイソーの店で探してみたりしていました。

そんな時、
息子が挿木で育てた小さなガジュマルを、届けてくれました。


だから、
嬉しくって、嬉しくってじっとガジュマルを見ていました。

そんな時、
「そうだ、このガジュマルに名前をつけよう!」
と思いつきじっとガジュマルを見ていると、
「空」( そら )という言葉が浮かんできました。
そうだ、
私のブログの「 Albatross の 空 」とおなじ空だ!

と、結構あっさりと決まりました。

私にとっては、猫とか、犬とかに名前をつけるのと同じ思いでした。


名前がつくことによって、新しい命の関係が生まれてくる。


それからというもの、
朝、「空、おはよう!」
晩、「空、おやすみ!」
と声をかけるようになりました。


そして、
春になり暖かくなってくると、
水やりにいろいろと悩むようになりました。

「やり過ぎると、根腐れしてしまうし・・・」
どのくらい水を「空」にやればいいのか迷いはじめました。

そうこうしているうちに、
葉っぱが一つ、また一つと落ちはじめて・・・
「やっぱり、水か足りないんだ」と
水を多めにやるようにしました。

しかし、
新しい芽も出なくなり、
葉っぱの色も黄緑色になってきて、
どうすればいいのか途方にくれました。

息子が届けてくれた「ガジュマル」
名前までつけた「ガジュマル」
弱っていくガジュマルを見るたびに胸が痛みました。


そんなある日、
私の口から出てきた言葉は、

「ごめんね。ごめんね。空。助けてあげられないかもしれないよ。ごめんね」

この言葉を口にした途端、
胸の痛みがスート消えていき心が軽くなっていくのを感じました。


そんな時、出逢った人に感謝です。



それから、数日が過ぎたとき、
いつもの買い物に行く途中の玄関先に、
ガジュマルの鉢植えがいくつも並んでいるのに気がつきました。

「ここのガジュマルの鉢植えは、なんて元気なんだろう・・・
葉っぱの色も緑が濃いい緑をしている。
うちの「空」とはえらい違いだ・・・」


そんなことを思ってから、少しした時、
偶然そこのお家の人と出会うことができました。

もう、知らないおばさんに、突然話しかけられて・・・
戸惑っているお家の人の様子を省みることなく
私は、
迷惑をかけていることなど知らないふりをして、
ガジュマルのことをネホリハホリ聞いていました。

「肥料はどのくらい与えているのですか?」
「水やりはどうされているのですか?」
「どのくらいの量の水をやっているのですか?」
「毎日水やりはしているのですか?」
「植え替えは、どうされているのですか?」



その時の私の心の中は、
神様が巡り合わせてくれたんだ!
この機会を逃してはならない!
いっぱい、教えてもらわないと!

という言葉であふれていました。



家に帰って、Amazonで
一回り大きな植木鉢を、ガジュマルの土を、新しい肥料を買い求めて、
我が家の「空」を植え替えてみました。

朝、晩、
「空、大丈夫か?」
と、声をかけていました。


すると、
二週間後、新しい芽がでてきました。
そして、
四週間後、木の幹からも新しい芽がでてきました。


▼下の写真を見てください。

こんな感じです。

それから何週間か過ぎて、
ガジュマルの鉢植えの並んだお家の前を通りがかった時、
色々と教えてくださった方にまた出会うことができました。

私のことを覚えていてくださって、

「その節は、色々と教えてくださってありがとうございました。
お陰さまで、植え替えたガジュマルは元気になって、新しい芽も出てきました。
ほんとうにありがとうございました。」

と、感謝を伝えることができました。


「巡り合わせ」に、ほんとうに感謝、感謝です。



ガジュマル「空」が元気になり、
私も、元気になりました。



▼ 下の写真は、
ベランダのそばで元気になったガジュマル「空」です。



人とは、
ちよっとした事で、
気持ちが沈んでしまったり、
また、
元気がなくなったりします。


そんな時、
どこからかやって来てくれる、
助け船を、
幾つになっても、
感じられる私でいたいものです。







Many・Thanks 「スナップ写真とレンズ」は、こちらから

KUMISHASHIN 「組写真・作り方・考え方」は、こちらから

SHASHIN・65 「65歳からの写真を楽しむ練習」は、こちらから

Postcard Poem 「Postcard ポエム」は、こちらから

POEM 「ブログ」は、こちらから

HeartStory 「ブログ」は、こちらから

DAY・DAY 「day・day ささやく」は、こちらから

Nahoko・Uehashi 「上橋菜穂子さんの本の心に残るページ」は、こちらから

Torishimakikou 「品田穣の鳥島紀行」56年前のアホウドリとの出会い は、こちらから

EHONWO 「写真絵本 のら猫シロとたまちゃんと」は、こちらから


Pocket